TOPPAGE財政用語小辞典>一時借入金

一時借入金

 地方自治体の支払い資金の不足を臨時に賄うために、その年度内にで償還する条件で借り入れる借入金である。予算総則でその限度額を毎年度定めなければならない。この債務は、債務負担行為と同じく予算の歳入にも歳出にも計上されない。ただ支払い利子は公債費の一部として計上される。
 資金不足を一時的に補う借入金であるから、いわば回転資金である。返済できる限り何回借り入れてもよい。しかし一時借入金に依存する度合いの大きい自治体は、歳出の抑えが効きにくい放漫財政型が多いと言ってよい。全く一時借入金を利用しない自治体も少なくないので、一時借入金の支払い利子の多い自治体は一度財政の点検、診断を行う必要がある。

Copyright© 2001-2005 Masaru Sawai All Rights Reserved..